FAQ
FAQアーカイブページ
文書番号 : 12743
更新日  : 2013/08/20

- 質問 -
デスクトップモデルの Realtek HD スピーカー設定でヘッドフォンとスピーカーから音を同時に出力する方法 ( Windows7 / 8 )


- 回答 -
デスクトップモデルの Realtek HD スピーカー設定でヘッドフォンとスピーカーから音を同時に出力する方法は、以下の通りです。

※ 製品によって 「 Realtek HD オーディオマネージャー 」 の画面は異なります。そのため 本 FAQ では 2 つのレイアウト画面での操作方法を記載しています。

・ 音を同時に出力する設定方法 ( レイアウト画面 1 )

・ 音を同時に出力する設定方法 ( レイアウト画面 2 )


● 音を同時に出力する設定方法 ( レイアウト画面 1 )
  
1.デスクトップ 」 画面を表示します。
  

補足 】 Windows8 の場合、「 スタート 」 画面にある 「 デスクトップ 」 タイルをクリックして、「 デスクトップ 」 画面を表示します。
 

  
2. 画面右下のタスクトレイにある 「 隠れているインジケーターを表示します 」 をクリックして開きます。中に隠れていた 「 Realtek HD オーディオマネージャ 」 をクリックします。

 


3.Realtek HD オーディオマネージャ 」 が表示されたら、フロントパネルと背面パネルの 「 ステレオヘッドホン端子 」 にヘッドフォンとスピーカーを接続します。



※ ここでは例として、フロントパネルに 「 ヘッドフォン 」、背面パネルに 「 スピーカー 」 を接続します。

補足 】 画面右側にある 「 背面パネル / フロントパネル 」 の 「 ステレオヘッドホン端子 」 アイコンの色が 「 濃く 」 表示されているか確認してください。
色が 「 薄く 」 表示されている場合、デバイスがパソコンに正しく接続されていない場合があります。




4.
ヘッドフォンまたはスピーカーを接続した際、「 ポップアップダイアログ 」 が表示されます。
ヘッドフォンは 「 ヘッドフォン 」、スピーカーには 「 フロントスピーカー出力 」 にそれぞれチェックを入れ、「 OK 」 をクリックします。
   

・ ヘッドフォン 

・ スピーカー 

※ 上図はクリックで拡大します。

※ 再度 「 ポップアップダイアログ 」 を表示したい場合は、デバイスを再接続してください。

※ 「 ホップアップダイアログ」 の設定が非表示になっている場合は表示されません。



5. 画面右上にある 「 フォルダ ( コネクタ設定 )」 アイコンをクリックします。




6. コネクタ設定 」 画面が表示されます。
フロントパネルジャック検出を無効にします。」 にチェックを入れ、「 OK 」 をクリックします。




7. 次に画面右上にある 「 デバイス詳細設定 」 をクリックします。




8.デバイス詳細設定 」 画面が表示されます。
前回ヘッドフォンデバイスを差し込むと、背面出力デバイスが消音になります。」 と 「 同型の入力ジャック、つまりライン入力またはマイクを 1 つの入力デバイスとして統合します。」 にチェックを入れ、「 OK 」 をクリックします。
 

 

設定は以上です。音が同時に出力されるかご確認ください。
 
 
● 音を同時に出力する設定方法 ( レイアウト画面 2 )

1.デスクトップ 」 画面を表示します。
  


補足 】 Windows8 の場合、「 スタート 」 画面にある 「 デスクトップ 」 タイルをクリックして、「 デスクトップ 」 画面を表示します。
 

  
2. 画面右下のタスクトレイにある 「 隠れているインジケーターを表示します 」 をクリックして開きます。中に隠れていた 「 Realtek HD オーディオマネージャ 」 をクリックします。




3.Realtek HD オーディオマネージャ 」 が表示されたら、フロントパネルと背面パネルの 「 ステレオヘッドホン端子 」 にヘッドフォンとスピーカーを接続します。



※ ここでは例として、フロントパネルに 「 ヘッドフォン 」、背面パネルに 「 スピーカー 」 を接続します。

補足 】 画面右側にある 「 背面パネル / フロントパネル 」 の 「 ステレオヘッドホン端子 」 アイコンの色が 「 濃く 」 表示されているか確認してください。
色が 「 薄く 」 表示されている場合、デバイスがパソコンに正しく接続されていない場合があります。




4. ヘッドフォンまたはスピーカーを接続した際、「 ポップアップダイアログ 」 が表示されます。
ヘッドフォンは 「 ヘッドフォン 」、スピーカーには 「 フロントスピーカー出力 」 にそれぞれチェックを入れ、「 OK 」 をクリックします。
   

・ ヘッドフォン 

・ スピーカー 

※ 上図はクリックで拡大します。

※ 再度 「 ポップアップダイアログ 」 を表示したい場合は、デバイスを再接続してください。

※ 「 ホップアップダイアログ」 の設定が非表示になっている場合は表示されません。



5. 画面右下にある 「 スパナ ( コネクタ設定 )」 ボタンをクリックします。




6. コネクタ設定 」 画面が表示されます。
フロントパネルジャック検出を無効にします。」 にチェックを入れ、「 OK 」 をクリックします。




7. 次に画面右上にある 「 歯車 ( デバイス詳細設定 )」 アイコンをクリックします。




8.デバイス詳細設定 」 画面が表示されます。
前回ヘッドフォンデバイスを差し込むと、背面出力デバイスが消音になります。」 と 「 同型の入力ジャック、つまりライン入力またはマイクを 1 つの入力デバイスとして統合します。」 にチェックを入れ、「 OK 」 をクリックします。
 




設定は以上です。音が同時に出力されるかご確認ください。

■ FAQコンテンツ改善のため、アンケートのご協力をお願いします。
問題は解決しましたか?



ご意見などございましたら
ご記入ください。
(400文字以内)
シリアルNo.とは?
製品本体、および外箱に貼付されているシリアルシール(バーコードシール)に、製品シリアルNo.が記載されています。
※Uから始まるシリアルNo. が無い製品に関しては、「MC〜」「MCJ〜」から始まる製品番号やIMEI番号を入力してください。

貼付位置

デスクトップPC

本体左右側面、
または本体背面に貼付

ノートPC

本体底面に貼付

MADOSMA

外箱に貼付

タブレット

本体背面に貼付

閉じる
my mouse ログイン

お客様専用ページをご使用になるには
ユーザー登録が必要です。

ユーザー登録
閉じる
対象製品

弊社製の
デスクトップパソコン、ノートパソコン、液晶ディスプレイ

  • ※ 法人のお客様かつ弊社製品のみお申し込みいただけます。

  • ※ CRTモニタはサイズ重量を問わず対象外となります。
  • ※ スペックによる買取価格の変動はありません。一台につきAmazonギフト券\1,000を送付いたします。
  • ※ 一度お送りいただいた後の返却はできません。

買取の流れ

  • STEP1
    買取を申し込む製品の種類をご確認ください
    • デスクトップパソコン(本体)
    • ノートブックパソコン
    • 液晶ディスプレイ
  • STEP2
    弊社WEBより、買取をお申込みください

    下記「買取サービスを申し込む」からお申し込みください。

  • STEP3
    買取を希望する製品を発送するための伝票が送られます

    お申込みの際は、必ず指定の伝票を使用してください。

  • STEP4
    製品を梱包してください

    輸送途中で破損・飛散しないような簡易な梱包で構いませんので、ダンボール箱など破れにくい箱で梱包して下さい。

    ※ 無梱包での輸送はできません。

    排出パソコンを含む重さ25kgまで、縦+横+高さが1.6m以内となるようにお願いします。

    複数台を同時に出す場合は、それぞれ1台ずつ梱包をお願いします。

  • STEP5
    製品を発送してください

    ※ 伝票が佐川急便の場合
    梱包した製品に伝票を貼付した後、佐川急便に戸口集荷を依頼するか、最寄りの佐川急便営業所にお持ち込みください。

    ※ 伝票が日本郵政の場合
    梱包した製品に伝票を貼付した後、郵便局に戸口集荷を依頼するか、最寄りの郵便局にお持ち込みください。
    「コンビニエンスストア」・「郵便切手類販売所」・「簡易郵便局」・「郵便局以外のゆうパック取扱所」では取扱できません。

    ※ お申し込みから 1年以内に発送をお願いいたします。

  • STEP6
    完了

    製品に問題がないことを確認後、登録されたお客様のメールアドレス宛に、一台につき\1,000のAmazonギフト券番号を送信させて頂きます。

    ※ お申し込みから 1年以内に送付されない場合、お支払いができない場合がございます。

ご注意事項
  • ※ ハードディスク内の個人情報など重要なデータは、回収前にお客様自身の責任にて保存・消去などの処置を施してください。
  • ※ パソコンの廃棄・譲渡時のハードディスク上のデータ保護に関する必要性に関しましては、社団法人・電子情報技術産業協会(JEITA)のホームページ『パソコンの廃棄・譲渡時におけるハードディスク上のデータ消去に関する留意事項』
    https://home.jeita.or.jp/cgi-bin/page/detail.cgi?n=74&ca=14)をご参照ください。
閉じる
閉じる