FAQ
FAQアーカイブページ
文書番号 : 12897
更新日  : 2019/06/27

- 質問 -
パソコンを 「 放電 」 する方法


- 回答 -

パソコン内部に電気が溜まることで、電源が入らない場合があります。
この場合 「 放電 」 を行うことで、パソコン内部に溜まった電気を放出することができます。
放電を行う方法は、以下の通りです。

 

 ▼ デスクトップパソコンの場合
  ▶ 一般的な放電を行う [ 簡易放電 ]
  ▶ パソコンを放置することで放電を行う [ 通常放電 ]
  ▶ パソコン内部に設置されたボタン電池を取り外して放電を行う [ CMOSクリア ]

 ▼ ノートパソコンの場合
  ▶ 一般的な放電を行う [ 簡易放電 ]
  ▶ パソコンを放置することで放電を行う [ 通常放電 ]




デスクトップパソコンの場合


デスクトップパソコンの放電を行う方法は、それぞれ以下の通りです。

一般的な放電を行う [ 簡易放電 ]

※ 放電作業を行う前に、必ずパソコンをシャットダウンしてください。


1. パソコンに接続されている 「 電源ケーブル 」 を取り外します。
電源ケーブル以外のケーブル類もすべて取り外してください。




2. ケーブル類をすべて取り外したら、「 電源ボタン 」 を 5 〜 6 回押します。



※ リセットボタンがある場合は、それも 5 〜 6 回押します。
 
 
3. 取り外した 「 電源ケーブル 」 を接続します。




4. 最後に 「 電源ボタン 」 を押し、パソコンが正常に起動するかご確認ください。



※ 電源ケーブル以外のケーブル類は、パソコンが正常に起動してから接続してください。



以上です。


 

パソコンを放置することで放電を行う [ 通常放電 ]

※ 放電作業を行う前に、必ずパソコンをシャットダウンしてください。


1. パソコンに接続されている 「 電源ケーブル 」 を取り外します。
電源ケーブル以外のケーブル類もすべて取り外してください。




2. このまま約30分以上パソコンを 「 放置 」 します。

※ 放置時間が長いほど、放電効果が高まります。( 過放電にはご注意ください。)


3. パソコンを30分以上放置したら、「 電源ボタン 」 を 5 〜 6 回押します。



※ リセットボタンがある場合は、それも 5 〜 6 回押します。


4. 取り外した 「 電源ケーブル 」 を接続します。




5. 最後に 「 電源ボタン 」 を押し、パソコンが正常に起動するかご確認ください。



※ 電源ケーブル以外のケーブル類は、パソコンが正常に起動してから接続してください。

 

以上です。


 

パソコン内部に設置されたボタン電池を取り外して放電を行う [ CMOSクリア ]

※ 放電作業を行う前に、必ずパソコンをシャットダウンしてください。
※ パソコン内部の作業については、自己責任でお願いいたします。
※ パソコン内部の部品にとって、静電気は大敵です。
静電気による故障を防ぐために、ドアノブなどの金属に触れ、体内の静電気を除去してから作業を行ってください。

※ RAID 設定を行っている場合、CMOSクリアを行うと設定が崩れてしまい、HDD 内のデータがすべて消去される場合があります。ご注意ください。
※ ケースタイプが 「 キューブ / ミニ / ミニスリム / ミスム / ミニタワー 」 の場合、パソコン内部が狭い為、以下の作業は非常に困難になります。

 
1. パソコンに接続されている 「 電源ケーブル 」 を取り外します。
電源ケーブル以外のケーブル類もすべて取り外してください。




2. パソコンの 「 サイドパネル 」 を取り外し、パソコン内部を確認します。


3. パソコン内部に設置されている 「 ボタン電池 」 を取り外します。
放電が完了するまで、そのまま約10分程お待ちください。



※ 電源は入るが何も表示されない場合、「 メモリの挿し直し 」 を行うことで改善する場合があります。
 

 
4. 放電が完了したら、「 ボタン電池 」 を取り付けます。

※ 取り付けの際、ボタン電池を上下逆に取り付けないようご注意ください。
逆に取り付けてしまうと電流が逆流し、パソコンが壊れてしまう恐れがあります。



5. 放電が完了したら、「 電源ボタン 」 を 5 〜 6 回押します。



※ リセットボタンがある場合は、それも 5 〜 6 回押します。


6. 取り外した 「 サイドパネル 」 や 「 電源ケーブル 」 を取り付けます。





7. 電源ボタン 」 を押し、パソコンが正常に起動するかご確認ください。



※ 電源ケーブル以外のケーブル類は、パソコンが正常に起動してから接続してください。
  

7. CMOS クリア実行後、BIOS 設定が工場出荷時の状態に戻ります。
最後に 「 BIOS 設定 」 画面を表示して、下記の設定を行ってください。

・ 日付と時刻を現時点に設定する操作を行う。

・ BIOS 設定を初期設定値に戻す操作を行う。

補足 】 BIOS 設定画面に関する操作方法は、マウスコンピューター サポートページからご参照ください。

マウスコンピューター サポートページ
https://www2.mouse-jp.co.jp/ssl/user_support2/sc_faq.asp


 
以上です。


 

ノートパソコンの場合


ノートパソコンの放電を行う方法は、それぞれ以下の通りです。


一般的な放電を行う [ 簡易放電 ]


※ 放電作業を行う前に、必ずパソコンをシャットダウンしてください。
※ 以下の放電作業は、ノートパソコン以外の 「 バッテリー搭載モデル 」 にも有効です。


1. パソコンに接続されている 「 ACアダプタ 」 を取り外します。
ACアダプタ以外のケーブル類もすべて取り外してください。

 


2. パソコンの底面に設置されている 「 バッテリー 」 を取り外します。



※ バッテリーの取り外し方法は製品によって異なります。必ずロックを解除してから取り外してください。


3. 電源ボタン 」 を 5 〜 6 回押します。




4. 取り外した 「 ACアダプタ 」 を接続します。



※ この時点では、取り外した 「 バッテリー 」 は接続しないようご注意ください。


5. 最後に 「 電源ボタン 」 を押し、パソコンが正常に起動するかご確認ください。

 

※ 電源ケーブル以外のケーブル類は、パソコンが正常に起動してから接続してください。

補足 】 パソコンが正常に起動したら、パソコンをシャットダウンした後に、取り外した 「 バッテリー 」 を接続してください。




以上です。

 

パソコンを放置することで放電を行う [ 通常放電 ]


※ 放電作業を行う前に、必ずパソコンをシャットダウンしてください。
※ 以下の放電作業は、ノートパソコン以外の 「 バッテリー搭載モデル 」 にも有効です。


1. パソコンに接続されている 「 ACアダプタ 」 を取り外します。
ACアダプタ以外のケーブル類もすべて取り外してください。




2. パソコンの底面に設置されている 「 バッテリー 」 を取り外します。




3. このまま約30分以上パソコンを 「 放置 」 します。

※ 放置時間が長いほど、放電効果が高まります。( 過放電にはご注意ください。)
 

4. パソコンを30分以上放置したら、「 電源ボタン 」 を 5 〜 6 回押します。

 


5. 取り外した 「 ACアダプタ 」 を接続します。

 

※ この時点では、取り外した 「 バッテリー 」 は接続しないようご注意ください。


6. 最後に 「 電源ボタン 」 を押し、パソコンが正常に起動するかご確認ください。



※ 電源ケーブル以外のケーブル類は、パソコンが正常に起動してから接続してください。

補足 】 パソコンが正常に起動したら、パソコンをシャットダウンした後に、取り外した 「 バッテリー 」 を接続してください。




以上です。

■ FAQコンテンツ改善のため、アンケートのご協力をお願いします。
問題は解決しましたか?



ご意見などございましたら
ご記入ください。
(400文字以内)
シリアルNo.とは?
製品本体、および外箱に貼付されているシリアルシール(バーコードシール)に、製品シリアルNo.が記載されています。
※Uから始まるシリアルNo. が無い製品に関しては、「MC〜」「MCJ〜」から始まる製品番号やIMEI番号を入力してください。

貼付位置

デスクトップPC

本体左右側面、
または本体背面に貼付

ノートPC

本体底面に貼付

MADOSMA

外箱に貼付

タブレット

本体背面に貼付

閉じる
my mouse ログイン

お客様専用ページをご使用になるには
ユーザー登録が必要です。

ユーザー登録
閉じる