FAQ
FAQアーカイブページ
文書番号 : 15086
更新日  : 2016/06/01

- 質問 -
勝手にスリープから復帰する現象について ( Windows7 )


- 回答 -
勝手にスリープから復帰する現象が発生した場合、以下の改善方法をお試しください。

※ 下記の順番通りに操作を行ってください。
 

▼ @ 接続している周辺機器を取り外す
▼ A 電源オプションの設定を変更する
▼ B デバイスドライバの設定を変更する

 
@ 接続している周辺機器を取り外す

PC に接続されている周辺機器が原因でスリープから復帰する場合があります。マウス & キーボード以外の周辺機器を取り外して現象が改善するかお試しください。

※ 周辺機器を取り外すことで現象が改善した場合、まずはどの周辺機器が原因だったのか特定してください。
次に周辺機器の電源を落とした状態でスリープを実行し、現象が改善するかご確認ください。改善すれば電源を入れた状態でスリープを行ったために発生した現象であると特定することができます。

 
A 電源オプションの設定を変更する

スリープ解除タイマーの設定が有効になっている場合、スリープ解除が自動的に解除される場合があります。
以下の操作でその設定を無効します。


1.スタート 」 ボタン → 「 コントロールパネル 」 をクリックします。




2. コントロールパネル画面が表示します。「 システムとセキュリティ 」をクリックします。


※ 上図はクリックすると赤枠部分が拡大します。

補足表示方法が 「 大きいアイコン 」または「 小さいアイコンの場合 」、
電源オプション 」 をクリックし、「 手順4 」へ進みます。





3.電源オプション 」 を選択します。


※ 上図はクリックすると赤枠部分が拡大します。


4. 電源オプション画面が表示します。




5. スリープの設定を行いたい 「 プラン 」 を選択します。




6. 選択したプランの右側にある 「 プラン設定の変更 」 をクリックします。




7. プラン設定の編集画面が表示します。
詳細な電源設定の変更 」 をクリックします。


※ 上図はクリックすると赤枠部分が拡大します。


8. 電源オプションの詳細画面が表示します。




9.スリープ 」 → 「 スリープ解除タイマーの許可 」 の下層を開きます。




10. スリープの自動起動を無効にしたい項目を選択します。




11. プルダウンメニュー内から 「 無効 」 を選択します。




12. 設定が変更されたことを確認したら、画面右下にある 「 OK 」 ボタンをクリックします。




以上です。

B デバイスドライバの設定を変更する

勝手にスリープから復帰する現象が発生する場合、ドライバの設定によっては機器が動作するとスリープが復帰することがあります。
以下の操作でその設定を無効します。

※ 本 FAQ の操作を行うと、LAN 回線 ・ マウス ・ キーボードからのスリープ復帰が無効になります。
 
  

1. 「 スタート 」 ボタン → 「 コンピューター 」 を右クリック、表示されたメニューの中から 「 プロパティ 」 をクリックします。


 

2. 「 システム 」 画面が表示します。
画面左側にある 「 デバイスマネージャー 」 をクリックします。


 

3.デバイスマネージャー 」 画面が表示します。
ネットワークアダプター 」 項目をクリックし、下層を開きます。




4. インターネット接続を行っているデバイスを右クリックします。
表示されたメニューの中から 「 プロパティ 」 をクリックします。


 
※ ここでは例として、「 有線 LAN 」 デバイスを選択します。
 
 
5.デバイスのプロパティ 」 画面が表示します。
電源の管理 」 タブをクリックします。




6.このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする 」 のチェックを外し、「 OK 」 ボタンをクリックします。


 

ネットワークアダプターの設定は以上です。勝手にスリープから復帰しなくなるかご確認ください。
現象が改善しない場合は、マウスの設定を行います。


※ ノートパソコンの場合、マウスを接続していない場合は以下の操作を行う必要はありません。 
こちら からキーボードの設定を行ってください。
( キーボードも接続していない場合は、これ以上操作を行う必要はありません )

 

7.デバイスマネージャー 」 画面に戻ります。
マウスとそのほかのポインティングデバイス 」 項目をクリックし、下層を開きます。


 
 
8. パソコンに接続されている 「 マウス 」 デバイスを右クリックします。
表示されたメニューの中から 「 プロパティ 」 をクリックします。


  
 
9.デバイスのプロパティ 」 画面が表示します。
電源の管理 」 タブをクリックします。




10.このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする 」 のチェックを外し、「 OK 」 ボタンをクリックします。




マウスの設定は以上です。勝手にスリープから復帰しなくなるかご確認ください。
現象が改善しない場合は、キーボードの設定を行います。


11.デバイスマネージャー 」 画面に戻ります。
キーボード 」 項目をクリックし、下層を開きます。




12. パソコンに接続されている 「 キーボード 」 デバイスを右クリックします。
表示されたメニューの中から 「 プロパティ 」 をクリックします。


  
 
13.デバイスのプロパティ 」 画面が表示します。
電源の管理 」 タブをクリックします。




14.このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする 」 のチェックを外し、「 OK 」 ボタンをクリックします。





以上です。
■ FAQコンテンツ改善のため、アンケートのご協力をお願いします。
問題は解決しましたか?



ご意見などございましたら
ご記入ください。
(400文字以内)
シリアルNo.とは?
製品本体、および外箱に貼付されているシリアルシール(バーコードシール)に、製品シリアルNo.が記載されています。
※Uから始まるシリアルNo. が無い製品に関しては、「MC〜」「MCJ〜」から始まる製品番号やIMEI番号を入力してください。

貼付位置

デスクトップPC

本体左右側面、
または本体背面に貼付

ノートPC

本体底面に貼付

MADOSMA

外箱に貼付

タブレット

本体背面に貼付

閉じる
my mouse ログイン

お客様専用ページをご使用になるには
ユーザー登録が必要です。

ユーザー登録
閉じる
対象製品

弊社製の
デスクトップパソコン、ノートパソコン、液晶ディスプレイ

  • ※ 法人のお客様かつ弊社製品のみお申し込みいただけます。

  • ※ CRTモニタはサイズ重量を問わず対象外となります。
  • ※ スペックによる買取価格の変動はありません。一台につきAmazonギフト券\1,000を送付いたします。
  • ※ 一度お送りいただいた後の返却はできません。

買取の流れ

  • STEP1
    買取を申し込む製品の種類をご確認ください
    • デスクトップパソコン(本体)
    • ノートブックパソコン
    • 液晶ディスプレイ
  • STEP2
    弊社WEBより、買取をお申込みください

    下記「買取サービスを申し込む」からお申し込みください。

  • STEP3
    買取を希望する製品を発送するための伝票が送られます

    お申込みの際は、必ず指定の伝票を使用してください。

  • STEP4
    製品を梱包してください

    輸送途中で破損・飛散しないような簡易な梱包で構いませんので、ダンボール箱など破れにくい箱で梱包して下さい。

    ※ 無梱包での輸送はできません。

    排出パソコンを含む重さ25kgまで、縦+横+高さが1.6m以内となるようにお願いします。

    複数台を同時に出す場合は、それぞれ1台ずつ梱包をお願いします。

  • STEP5
    製品を発送してください

    ※ 伝票が佐川急便の場合
    梱包した製品に伝票を貼付した後、佐川急便に戸口集荷を依頼するか、最寄りの佐川急便営業所にお持ち込みください。

    ※ 伝票が日本郵政の場合
    梱包した製品に伝票を貼付した後、郵便局に戸口集荷を依頼するか、最寄りの郵便局にお持ち込みください。
    「コンビニエンスストア」・「郵便切手類販売所」・「簡易郵便局」・「郵便局以外のゆうパック取扱所」では取扱できません。

    ※ お申し込みから 1年以内に発送をお願いいたします。

  • STEP6
    完了

    製品に問題がないことを確認後、登録されたお客様のメールアドレス宛に、一台につき\1,000のAmazonギフト券番号を送信させて頂きます。

    ※ お申し込みから 1年以内に送付されない場合、お支払いができない場合がございます。

ご注意事項
  • ※ ハードディスク内の個人情報など重要なデータは、回収前にお客様自身の責任にて保存・消去などの処置を施してください。
  • ※ パソコンの廃棄・譲渡時のハードディスク上のデータ保護に関する必要性に関しましては、社団法人・電子情報技術産業協会(JEITA)のホームページ『パソコンの廃棄・譲渡時におけるハードディスク上のデータ消去に関する留意事項』
    https://home.jeita.or.jp/cgi-bin/page/detail.cgi?n=74&ca=14)をご参照ください。
閉じる
閉じる