FAQ
FAQアーカイブページ
文書番号 : 19024
更新日  : 2015/07/23

- 質問 -
MS-NH1 / MS-NH1-64G 「 回復ドライブ 」 の作成方法 ( Windows8.1 )


- 回答 -

製品の起動トラブルに備え、回復ドライブをあらかじめ作成しておくことをお勧めいたします。
回復ドライブの作成方法は、以下の通りです。



【 ご注意 】

※ 回復ドライブは、現在インストールされている Windows8.1 のトラブルに対しリカバリ等を実施するための機能です。
Windows8.1 のインストールされていない環境に対して新規インストールを行うことはできませんので、予めご了承ください。


※ 作業を行うには 8GB の容量のある USB フラッシュメモリや外付けHDD などの 「 外部記憶装置 」 が必要になります。
 
※ 「 回復ドライブ 」 作成時に回復ドライブの保存先として指定したドライブ内のデータは、すべて 「 フォーマット ( 初期化 )」 されます。
フォーマットされたデータを復元することはできないため、個人データなどは内蔵されている場合は、予めバックアップをお取りください。
 
※ 本 FAQ 操作を行うには、「 キーボード 」 を接続する必要があります。


  
1. マウスカーソルを画面右上隅、または右下隅に移動させて、「 チャーム 」 を表示します。



※ 上記の操作以外にも、「 Winodws + C 」 キーを同時に押すことで 「 チャーム 」 は表示します。


2. 画面右側に 「 チャーム 」 が表示します。
検索 」 をクリックします。




3. 画面右側に 「 検索 」 画面が表示します。
検索バーに 「 回復 」 と入力し、新たに表示された 「 回復ドライブの作成 」 をクリックします。




4. 回復ドライブの作成 」 画面が表示します。
「 回復パーティションを PC から回復ドライブにコピーします。 」 を選択し、「 次へ 」 ボタンをクリックします。




5. 回復ドライブの作成準備中です。しばらくお待ちください。




6. 回復ドライブを作成する保存先を選択し、「 次へ 」 ボタンをクリックします。




7. 「 作成 」 ボタンをクリックして、回復ドライブを作成します。。



※ 「 作成 」 をクリックすると、選択したドライブ内のデータが 「 フォーマット ( 初期化 )」 されます。
フォーマットされたデータを復元することはできないため、個人データなどが内蔵されている場合は、必ずバックアップをお取りください。



8. 回復ドライブの作成中です。しばらくお待ちください。




9. 指定した保存先に回復ドライブが作成されたら 「 完了 」 ボタンをクリックします。

 
 
 
 
以上です。

■ FAQコンテンツ改善のため、アンケートのご協力をお願いします。
問題は解決しましたか?



ご意見などございましたら
ご記入ください。
(400文字以内)
シリアルNo.とは?
製品本体、および外箱に貼付されているシリアルシール(バーコードシール)に、製品シリアルNo.が記載されています。
※Uから始まるシリアルNo. が無い製品に関しては、「MC〜」「MCJ〜」から始まる製品番号やIMEI番号を入力してください。

貼付位置

デスクトップPC

本体左右側面、
または本体背面に貼付

ノートPC

本体底面に貼付

MADOSMA

外箱に貼付

タブレット

本体背面に貼付

閉じる
my mouse ログイン

お客様専用ページをご使用になるには
ユーザー登録が必要です。

ユーザー登録
閉じる