FAQ
FAQアーカイブページ
文書番号 : 19025
更新日  : 2015/07/23

- 質問 -
MS-NH1 / MS-NH1-64G 「 回復ドライブ 」 の使用方法 ( Windows8.1 )


- 回答 -
「 回復ドライブ 」 の使用方法は、以下の通りです。

※ 回復ドライブの作成方法は、
こちら からご参照ください。


【 ご注意 】

※ 「 回復ドライブ 」 は、現在インストールされている Windows8.1 のトラブルに対し、リフレッシュやリカバリ等を実施するための機能です。
Windows8.1 のインストールされていない環境に対して新規インストールを行うことはできませんので、予めご了承ください。

※ 本製品の回復ドライブは、「 PC リフレッシュ 」 機能を使用することができません。予めご了承ください。

※ 本 FAQ 操作を行うには、「 キーボード 」 を接続する必要があります。

▼ Windows 上から 「 回復ドライブ 」 を使用する
▼ BIOS ( POST ) 画面から 「 回復ドライブ 」 を使用する

 
Windows 上から 「 回復ドライブ 」 を使用する

1. 回復ドライブが内蔵されている USB フラッシュメモリなどの 「 外部記憶装置 」 を本製品に接続し、電源を入れます。



2. Windows が起動します。
マウスカーソルを画面右上隅、または右下隅に移動させて、「 チャーム 」 を表示します。



※ 上記の操作以外にも、「 Winodws + C 」 キーを同時に押すことで 「 チャーム 」 は表示します。
 
 
3. 画面右側に 「 チャーム 」 が表示されたら、「 設定 」 をクリックします。




4. 画面右下に表示された 「 PC 設定の変更 」 をクリックします。




5.PC 設定 」 画面が表示します。
左枠内にある 「 保守と管理 」 をクリックします。



※ 上図をクリックすると、赤枠部分が拡大表示します。


6. 左枠内にある 「 回復 」 をクリックします。



※ 上図をクリックすると、赤枠部分が拡大表示します。


7. PC の起動をカスタマイズする 」 項目内にある 「 今すぐ再起動する 」 をクリックします。
パソコンが再起動します。




8.オプションの選択 」 画面が表示します。
デバイスの使用 」 をクリックします。




9. 回復ドライブが内蔵されている USB フラッシュメモリなどの 「 外部記憶装置 」 を選択します。
 
 
 
※ 回復ドライブが内蔵されている外部記憶装置は、画面に表示された 「 メーカー名 ・ 型番 ・ 容量の大きさ 」 から判断して下さい。
 
 
10.キーボードレイアウトの選択 」 画面が表示します。
Microsoft IME 」 をクリックします。




11. 再度 「 オプションの選択 」 画面が表示されたら、「 トラブルシューティング 」 をクリックします。




12. 実行したいプログラムを選択します。



※ ここでは例として、「 PC を初期状態に戻す 」 をクリックします。



13. 回復ドライブを使用する 「 Windows8.1 」 をクリックします。




14.次へ 」 ボタンをクリックします。




15.パーティション分割の選択 」 画面が表示された場合、「 はい、ドライブのパーティション分割をやり直します 」 をクリックします。



※ 本製品は、回復ドライブからの 「 いいえ、これまでのパーティションをそのまま使います 」 は実行することができません。予めご了承ください。

※ 上図が表示されなかった場合は、「 手順 16 」 へ進んでください。


16.ファイルの削除のみ行う 」 または 「 ドライブを完全にクリーンアップする 」 を選択します。
 

 
※ ここでは例として、「 ファイルの削除のみ行う 」 をクリックします。
 

ファイルの削除のみ行う

  ファイルの削除のみを行うので、Windows の再インストールを短時間で終えることができます。ご使用の環境にもよりますが、10 〜 15 分程度で再インストールが完了します。 
  
ドライブを完全にクリーンアップする
  ファイルの削除だけでなく、ドライブを完全にクリーンアップします。クリーンアップすることで、削除したファイルは簡単に回復できなくなるのでセキュリティは高まりますが、処理にかかる時間は非常に長くなります。1 〜 2 時間程度、再インストールに時間 がかかります。 


17.初期状態に戻す 」 をクリックします。

※ この操作を行うと、個人用ファイルとアプリが PC から削除され、すべての設定が初期状態に戻ります。ファイル履歴を使っている場合は、作業を続ける前に、ファイルの最新バージョンがファイル履歴のドライブにコピーされていることを確認してください。処理に数分かかり、その後、PC が再起動されます。




18. Windows の再インストールがスタートします。しばらくお待ちください。
再インストールが完了すると、PC が再起動されます。
 
 
19. Windows8.1 の初回設定画面が表示します。
初回設定を行うと Windows8.1 が起動します。

 

メニューへ戻る▲

 
BIOS ( POST ) 画面から 「 回復ドライブ 」 を使用する

※ 予め本製品を 「 完全シャットダウン 」 してから以下の操作を行ってください。
完全シャットダウンの方法は
こちら をご参照ください。


1. 回復ドライブが内蔵されている USB フラッシュメモリなどの 「 外部記憶装置 」 を本製品に接続し、電源を入れます。




2. 電源を入れると同時に 「 ECS 」 キーを断続的に押して、「 BIOS Menu 」 画面を表示します。
Boot Manager 」 をクリックします。




3.Boot Manager 」 画面が表示します。
回復ドライブが内蔵されている 「 USB フラッシュメモリ 」 をクリックします。




4. USB フラッシュメモリが読み込まれ、「 キーボードレイアウトの選択 」 画面が表示します。
Microsoft IME 」 をクリックします。




5. 再度 「 オプションの選択 」 画面が表示されたら、「 トラブルシューティング 」 をクリックします。




6. 実行したいプログラムを選択します。



※ ここでは例として、「 PC を初期状態に戻す 」 をクリックします。



7. 回復ドライブを使用する 「 Windows8.1 」 をクリックします。




8.次へ 」 ボタンをクリックします。




9.パーティション分割の選択 」 画面が表示された場合、「 はい、ドライブのパーティション分割をやり直します 」 をクリックします。



※ 本製品は、回復ドライブからの 「 いいえ、これまでのパーティションをそのまま使います 」 は実行することができません。予めご了承ください。

※ 上図が表示されなかった場合は、「 手順 10 」 へ進んでください。


10.ファイルの削除のみ行う 」 または 「 ドライブを完全にクリーンアップする 」 を選択します。
 

 
※ ここでは例として、「 ファイルの削除のみ行う 」 をクリックします。
 

ファイルの削除のみ行う

  ファイルの削除のみを行うので、Windows の再インストールを短時間で終えることができます。ご使用の環境にもよりますが、10 〜 15 分程度で再インストールが完了します。 
  
ドライブを完全にクリーンアップする
  ファイルの削除だけでなく、ドライブを完全にクリーンアップします。クリーンアップすることで、削除したファイルは簡単に回復できなくなるのでセキュリティは高まりますが、処理にかかる時間は非常に長くなります。1 〜 2 時間程度、再インストールに時間 がかかります。 


11.初期状態に戻す 」 をクリックします。

※ この操作を行うと、個人用ファイルとアプリが PC から削除され、すべての設定が初期状態に戻ります。ファイル履歴を使っている場合は、作業を続ける前に、ファイルの最新バージョンがファイル履歴のドライブにコピーされていることを確認してください。処理に数分かかり、その後、PC が再起動されます。




12. Windows の再インストールがスタートします。しばらくお待ちください。
再インストールが完了すると、PC が再起動されます。
 
 
13. Windows8.1 の初回設定画面が表示します。
初回設定を行うと Windows8.1 が起動します。

 

メニューへ戻る▲

■ FAQコンテンツ改善のため、アンケートのご協力をお願いします。
問題は解決しましたか?



ご意見などございましたら
ご記入ください。
(400文字以内)
シリアルNo.とは?
製品本体、および外箱に貼付されているシリアルシール(バーコードシール)に、製品シリアルNo.が記載されています。
※Uから始まるシリアルNo. が無い製品に関しては、「MC〜」「MCJ〜」から始まる製品番号やIMEI番号を入力してください。

貼付位置

デスクトップPC

本体左右側面、
または本体背面に貼付

ノートPC

本体底面に貼付

MADOSMA

外箱に貼付

タブレット

本体背面に貼付

閉じる
my mouse ログイン

お客様専用ページをご使用になるには
ユーザー登録が必要です。

ユーザー登録
閉じる
対象製品

弊社製の
デスクトップパソコン、ノートパソコン、液晶ディスプレイ

  • ※ 法人のお客様かつ弊社製品のみお申し込みいただけます。

  • ※ CRTモニタはサイズ重量を問わず対象外となります。
  • ※ スペックによる買取価格の変動はありません。一台につきAmazonギフト券\1,000を送付いたします。
  • ※ 一度お送りいただいた後の返却はできません。

買取の流れ

  • STEP1
    買取を申し込む製品の種類をご確認ください
    • デスクトップパソコン(本体)
    • ノートブックパソコン
    • 液晶ディスプレイ
  • STEP2
    弊社WEBより、買取をお申込みください

    下記「買取サービスを申し込む」からお申し込みください。

  • STEP3
    買取を希望する製品を発送するための伝票が送られます

    お申込みの際は、必ず指定の伝票を使用してください。

  • STEP4
    製品を梱包してください

    輸送途中で破損・飛散しないような簡易な梱包で構いませんので、ダンボール箱など破れにくい箱で梱包して下さい。

    ※ 無梱包での輸送はできません。

    排出パソコンを含む重さ25kgまで、縦+横+高さが1.6m以内となるようにお願いします。

    複数台を同時に出す場合は、それぞれ1台ずつ梱包をお願いします。

  • STEP5
    製品を発送してください

    ※ 伝票が佐川急便の場合
    梱包した製品に伝票を貼付した後、佐川急便に戸口集荷を依頼するか、最寄りの佐川急便営業所にお持ち込みください。

    ※ 伝票が日本郵政の場合
    梱包した製品に伝票を貼付した後、郵便局に戸口集荷を依頼するか、最寄りの郵便局にお持ち込みください。
    「コンビニエンスストア」・「郵便切手類販売所」・「簡易郵便局」・「郵便局以外のゆうパック取扱所」では取扱できません。

    ※ お申し込みから 1年以内に発送をお願いいたします。

  • STEP6
    完了

    製品に問題がないことを確認後、登録されたお客様のメールアドレス宛に、一台につき\1,000のAmazonギフト券番号を送信させて頂きます。

    ※ お申し込みから 1年以内に送付されない場合、お支払いができない場合がございます。

ご注意事項
  • ※ ハードディスク内の個人情報など重要なデータは、回収前にお客様自身の責任にて保存・消去などの処置を施してください。
  • ※ パソコンの廃棄・譲渡時のハードディスク上のデータ保護に関する必要性に関しましては、社団法人・電子情報技術産業協会(JEITA)のホームページ『パソコンの廃棄・譲渡時におけるハードディスク上のデータ消去に関する留意事項』
    https://home.jeita.or.jp/cgi-bin/page/detail.cgi?n=74&ca=14)をご参照ください。
閉じる
閉じる