FAQ
FAQアーカイブページ
文書番号 : 19612
更新日  : 2019/05/17

- 質問 -
[ Office2013 ] 64bit 版を使用するメリットとデメリットについて


- 回答 -
Office2013 64bit 版を使用するメリットとデメリットについては、以下の通りです。

▼ Office2013 64bit 版を使用するメリット
▼ Office2013 64bit 版を使用するデメリット


※ 64bit 版を使用するには、WEB 上からダウンロードする必要があります。
Office2013 64bit 版のダウンロード方法は、下記
からご参照ください。
・ Windows8/8.1 の場合 ⇒ こちら
   
・ Windows7 の場合 ⇒ こちら



※ Microsoft から推奨されている Office の bit 数は、「 32bit 版 」 です。

※ 本 FAQ は、すべてのメリット / デメリットが記載されているわけではありません。予めご了承ください。

 
Office2013 64bit 版を使用するメリット

・ 複雑な Excel ワークシート の作業をする Excel エキスパート ユーザーには、64bit 版 Office を利用できます。 64bit 版 Office はファイル サイズにハード制限がないためです。

・ Project 2013 を使うユーザーが、特に大規模なプロジェクトを構成する多数のサブプロジェクトを扱う際に 2 GB 以上の Project ファイルを使うときにも役立ちます。

・ ハードウェア データ実行防止 ( DEP ) での既定のセキュリティ保護を強化します。

 

メニューへ戻る▲



以上です。
 
Office2013 64bit 版を使用するデメリット

・ Office 32bit 版と 64bit 版の互換性の問題。

・ Office 64bit 版は、32bit の Windows では利用できない。

・ 64bit 版には内蔵されていない機能は以下の通りです。
  [ Word ]
( 従来の数式エディターは、64 ビット版の Office2013 ではサポートされませんが、32 ビット版の Office2013 インストール ( WOW64 ) ではサポートされます。ただし、Word 2013 の数式ビルダー機能はすべてのプラットフォームで動作します )
  [ WLL ( Word アドイン ライブラリ )]
( WLL ファイルは、32 ビット版の Office2013 では使用できますが、64 ビット版の Office2013 ではサポートされていません )

・ グラフィックスのレンダリング パフォーマンスに影響があります。

・ Declare ステートメントを使用する VBA コードを更新する必要があります。

・ 32bit の Office 用に作成された ActiveX コントロールと COM アドインは 64bit プロセスで動作しません。

・ ソース コードが削除された Microsoft Access の .mde, .ade、および .accde のデータベース ファイルは、Office2013 の 64bit 版と 32bit 版の間で移動できません。

・ Outlook を使用する MAPI アプリケーションを再構築する必要があります。

・ Office2013 のバージョンが登録されているアプリケーションと一致しない場合、埋め込み先 OLE のアクティブ化が機能しません

・ 下記のアプリケーションは、64bit 版の Office Premium のインストールをブロックします。
  [
Microsoft Office Excel Viewer ]
  [
Access 2013 の Access データベース エンジン ]
  [
2007 Office システムの互換性パック ]
 

メニューへ戻る▲




以上です。
■ FAQコンテンツ改善のため、アンケートのご協力をお願いします。
問題は解決しましたか?



ご意見などございましたら
ご記入ください。
(400文字以内)
シリアルNo.とは?
製品本体、および外箱に貼付されているシリアルシール(バーコードシール)に、製品シリアルNo.が記載されています。
※Uから始まるシリアルNo. が無い製品に関しては、「MC〜」「MCJ〜」から始まる製品番号やIMEI番号を入力してください。

貼付位置

デスクトップPC

本体左右側面、
または本体背面に貼付

ノートPC

本体底面に貼付

MADOSMA

外箱に貼付

タブレット

本体背面に貼付

閉じる
my mouse ログイン

お客様専用ページをご使用になるには
ユーザー登録が必要です。

ユーザー登録
閉じる
対象製品

弊社製の
デスクトップパソコン、ノートパソコン、液晶ディスプレイ

  • ※ 法人のお客様かつ弊社製品のみお申し込みいただけます。

  • ※ CRTモニタはサイズ重量を問わず対象外となります。
  • ※ スペックによる買取価格の変動はありません。一台につきAmazonギフト券\1,000を送付いたします。
  • ※ 一度お送りいただいた後の返却はできません。

買取の流れ

  • STEP1
    買取を申し込む製品の種類をご確認ください
    • デスクトップパソコン(本体)
    • ノートブックパソコン
    • 液晶ディスプレイ
  • STEP2
    弊社WEBより、買取をお申込みください

    下記「買取サービスを申し込む」からお申し込みください。

  • STEP3
    買取を希望する製品を発送するための伝票が送られます

    お申込みの際は、必ず指定の伝票を使用してください。

  • STEP4
    製品を梱包してください

    輸送途中で破損・飛散しないような簡易な梱包で構いませんので、ダンボール箱など破れにくい箱で梱包して下さい。

    ※ 無梱包での輸送はできません。

    排出パソコンを含む重さ25kgまで、縦+横+高さが1.6m以内となるようにお願いします。

    複数台を同時に出す場合は、それぞれ1台ずつ梱包をお願いします。

  • STEP5
    製品を発送してください

    ※ 伝票が佐川急便の場合
    梱包した製品に伝票を貼付した後、佐川急便に戸口集荷を依頼するか、最寄りの佐川急便営業所にお持ち込みください。

    ※ 伝票が日本郵政の場合
    梱包した製品に伝票を貼付した後、郵便局に戸口集荷を依頼するか、最寄りの郵便局にお持ち込みください。
    「コンビニエンスストア」・「郵便切手類販売所」・「簡易郵便局」・「郵便局以外のゆうパック取扱所」では取扱できません。

    ※ お申し込みから 1年以内に発送をお願いいたします。

  • STEP6
    完了

    製品に問題がないことを確認後、登録されたお客様のメールアドレス宛に、一台につき\1,000のAmazonギフト券番号を送信させて頂きます。

    ※ お申し込みから 1年以内に送付されない場合、お支払いができない場合がございます。

ご注意事項
  • ※ ハードディスク内の個人情報など重要なデータは、回収前にお客様自身の責任にて保存・消去などの処置を施してください。
  • ※ パソコンの廃棄・譲渡時のハードディスク上のデータ保護に関する必要性に関しましては、社団法人・電子情報技術産業協会(JEITA)のホームページ『パソコンの廃棄・譲渡時におけるハードディスク上のデータ消去に関する留意事項』
    https://home.jeita.or.jp/cgi-bin/page/detail.cgi?n=74&ca=14)をご参照ください。
閉じる
閉じる